スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッシュ 



2006年2月11日よりシャンテシネ他にて全国順次公開

「クラッシュ」の脚本 は、ハギス監督の個人的な経験、恐れ、観察から 湧き出してきたものである。
ハギスはロスのビデオ店から出てきたとこ ろで銃を突きつけられ、カージャックされたことがあった。
彼は家に戻り、 家のカギ全てを交換し、自分の車を盗んだ男たちについて考え始めた。
彼らは、いつから友人なのか、楽しみはいったい何なのか、自分たちを犯罪者だと思っているのかいないのか、自分たちの行為をどう正当化したのか . . . 。

ハギスは言う、この映画のテーマは人種や階級についてではなく、見知 らぬ人間への恐怖についてである。
これは不寛容さと思いやりの映画で あり、人が選択したことと、そのことによって支払うべき代償について描いた映画だ。人間はみな判断されるのは嫌だが、他人を判断すること には何の矛盾も感じていない。そして、自分が判断を下した人間に、 良くも悪くもどれほど驚かされるのかということを描いた映画なんだ。
この映画は見知らぬ悪人についての映画ではない。自分が知っている人たち、我々のような人間、自分たちについて描いた映画だ。彼らは、 試され、何も考えていなかったことに気付く。
登場人物たちは誰一人、 無傷で逃れることはできない。彼らはすさまじく欠点だらけの人間たち。 まさに僕たちそのものなんだ。

もっと詳しく・・・
公式HPはこちら

「クラッシュ」は数多くの賞にて受賞・ノミネートを果たしており アカデミー賞でも主要部門にノミネートされること間違なしと噂されているというのだから期待が高まります♪

監督は、「ミリオンダラー・ベイビー」の製作・脚本 でアカデミー賞にノ ミネートされ、一躍注目 を集めた俊英・ポール・ハギスの監督 です。

さてさて、またpress@blogからの記事をこうして書いていますが

先日、press@blogから入金がありました。

1記事書いて報酬GETです♪

先着なので

絶対貰えるのか不安でしたが

私はちゃんと貰いましたよ~

press@blogへの無料会員登録は
こちらから♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://happy2get.blog32.fc2.com/tb.php/131-4c57db50

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。